オタク手芸部〜時々お小遣い稼ぎ。

カテゴリ:ハンドメイド > オタク手芸部



今回はミンティアラベルについて紹介したいと思います。
ただこれオタク手芸において、いつも言う事なんですが…
あくまで個人で楽しむ前提の物

昔昔、シール作る玩具が流行った時に、みんなで雑誌とか切り抜いてシールにして自分の筆箱に貼ってたじゃないですか?

そんな感じの物って前提ですね

そうです!お野菜さんの会社にもしかしたら抹消されるかもない位の域なんでよろしくお願いします。これを販売、配布なんかしたら確実にアウトなんで、注意しましょうね。無料であってもダメですよ(´Д⊂ヽ



それでは今回作り方を紹介するのはミンティアラベルです。 ミンティアラベルと書きましたが、別にミンティアじゃなくても今は色んなタブレットが出てると思います。そんなお菓子のラベルをオリジナルな物にする方法の紹介です。



結婚式なんかで自作してプチギフトにされる方もいるみたいですね。 作り方は別にオタク的だろうがお洒落ギフトだろうが同じなので、参考になれば。


配布においては著作権関係がひっかかってきますのでね!


出来上がるとこんな感じ…

IMG_20191210_135507

もうなんか自分の好みが駄々洩れの作品例ですが、そこは触れないで下さい。
筆箱に好きなアイドルを両面テープでくっ付けてる奴だと思って下さい。

これを作るのに材料はピンからキリまで様々ですが…
今回も材料費を一番抑える方法をご紹介します。

必要な物

ダイソーのラミネートシート 110円
(これはセルフでラミネートできる物です。専用の機械を使うものではないので注意)
DSC_1093


ダイソーのラベル用紙 110円
(ラベルシールならなんでもいいです。勿論画質などにこだわるのであれば、いい紙を使ってください。このダイソーのシールでもまあそこそこの物は出来ます。)
DSC_1092

プリンター
パソコン
あればシール剥がし

お好きなタブレット菓子


以上です(^^♪



まずはデザインを作ります。
ここは何というか、センスですので…頑張って作るしかないです。
私はいつもお世話になっております。
300x0w



こちらのアイビスちゃんで作成しています。


IMG_0366

作る前に土台となる物をよーく見ておくといいです。
なんとなくイメージをね…。


アイビスの使い方については今回は書きませんので、ご了承下さい。

一応作り始めのサイズとしては
750×1334のSⅮサイズで作ってます。
あとは印刷する時にどう合わせるかなので、そこまでこだわりません。

IMG_0486




ミンティアでしたら、こんな風に横に作ると
比率的に丁度よくなるかと思います。


IMG_0487

上の
画像は例えばの図です。
(何となくジャニーズ様なら許してくれるんじゃないかとの想いを込めて)
画像を入れたり、文字を入れたり…ここはお好みでお作り下さい。

IMG_0377


若干抜けてないですが、一回こういった透過画像を作ると楽です。


デザインが出来たら、保存してデータをパソコンに送りましょう。

そしたら、ラベル屋さんのサイトへ行きます。

無題



こちらかなり便利で、ウェブ上で作成可能です。
A-ONEのプリント用紙を買って、そのサイズの物をここで印刷すれば間違いないです。

が、今回はダイソーさんの真っ新なラベルシールを使うので、ちょうどよいサイズに近い物を探します。

無題2


用紙選択のページで、左上のボタンを押します。
すると1辺のサイズから検索することが可能になるので、自分の作りたい物のサイズを測り入力します。
ぴったりの物はないと思いますが、±3㎜範囲くらいで何かしらのラベルサイズに当てはまると思います。


今回はミンティアの横と縦を図ってそれを入力。
ほぼほぼ同じ大きさのこちらのラベルサイズで作成します。


決定のボタンを押すと画像を挿入できる画面に行きます。

33


画像挿入で、ここに自分の作ったデザインを調節してはめます。

534

次のレイアウトのページで配列を決めます。全部同じデザインで印刷もできますし。
1列ずつ違うものにすることも可能です。
ここもかなり分かりやすく作業できる仕組みになってます♪


1枚分の配列が決まったら、あとは印刷するだけ!
ページにそっていけば、最後に保存して印刷ボタンがあるので、そこから印刷へ。
IMG_20191210_135421
こんな風に印刷出来ます。


印刷できて表面が乾いたら、ラミネートシートを貼ります。
これをしないと、あっという間に劣化します。


ラベルシールのシール部分は残すので、表面のみにラミネートシートを貼ります。
ラミネートシートの使い方の部分は完全無視でokです。
挟む部分は使いません。



表面にシートを貼ったら、カットしていきます。
ここは慎重に丁寧に切っていくのみです(^^♪


カットしたら、これでもう自作ツルツルシールが出来ている状態。
これを好きなタブレットに貼って出来上がりです!


タブレットにはもとのシールが貼ってありますので、これをシール剥がしで綺麗に剥がしてから貼っても良いですし。上に被せて貼ってしまってもいいかと思います(^_-)-☆





ミンティア アソートセット 50粒×10種類 【メール便送料無料】【1000円ポッキリ】【MINTIA まとめ買い アサヒグループ食品 ポイント消化】【代金引換不可・日時指定不可】
ミンティア アソートセット 50粒×10種類 【メール便送料無料】【1000円ポッキリ】【MINTIA まとめ買い アサヒグループ食品 ポイント消化】【代金引換不可・日時指定不可】
限定クーポン配布中!アサヒ ミンティアブリーズ 5種類から8個ずつ選んで計40個
限定クーポン配布中!アサヒ ミンティアブリーズ 5種類から8個ずつ選んで計40個





キンブレリボンの前に今回はキンブレシートについてご紹介します♪


 



キンブレはライブにはかかせない物ですからね!

改造とかしても問題ないものなのですか?

公式以外持ち込み禁止!なんてライブも多いですので、規則はしっかり守った上で使ってくださいね!

あくまで自己責任で楽しむを前提にお送りしてるので、よろしくお願いします。

用意する物

まず用意する物ですが、個人で楽しむを基本としているので、今回もコストは最小限でいきます。 キンブレに入れる透明のシート(ohpシート)を用意します。 IMG_0460
2枚入りA4サイズで100円(税別)これが最強でしょうか…
セリアさんで購入可能です。
ただ売り切れが非常に多いですので、あったらラッキーです。



A-oneで5枚入り700円前後で購入できるので、何度もセリアへ通うくらいでしたら、ネットで注文してしまった方が楽かもしれませんね。品質的にはめちゃくちゃ変わったりはしませんが、やはり発色などはこちらの方がいいと思います。

コクヨさんの方は10枚で800円位で買えます♪

セリアさんの方も十分使えるので、気軽に挑戦したいかたはセリアへ!

その他用意する物
pc プリンター スマホ

画像の準備

それでは画像を作っていきましょう。
300x0w
スマホで簡単に作りたいので、このアイビスペイントを用意します。
これはもう使えすぎるアプリなので、1スマホに1個入れといて損はないです。(オタクに限り)

アイビスの使い方というかは、きっとスマホ世代には直感でいける!
を前提に大まかに説明してきます。

新規作成の画面で大きさを入力します。
あとでどうとでもなるので、長方形で大きすぎない感じに作成。
IMG_0441 


87×144で作ってます。

長方形のシートにちょうど2列文字をいれると
キンブレに挿入したときに両面になります。
なのでこの辺は感覚で文字を打っていきましょう。
T と書いてあるのがテキスト挿入なのでそこで文字を書き込み、大きさやフォントを選びます。

IMG_0443

IMG_0442
色んなフォントがすでに入ってますので、お好みで♪
この源柔ゴシックというのが、キンブレにしたとき読みやすいのでよく使います。
さらに見やすくしたい場合は…縁取りなんかをするといいかもしれません。


縁取りの簡単な仕方↓

IMG_0445


テキストを挿入したレイヤー(レイヤーの画面は下の く が二個重なったみたいなボタンで開きます)
の1つ下のレイヤーを選択して、そこでフィルターを押します。fxって書いてある部分ですね。
そうすると、縁取り(外側)というのがあるのでそれを選択します。

IMG_0446

するとこんな画面に!
ここで縁取りの太さや、色なんかを調節できます。
※例では白で黒文字を縁取ってみました。

上のレイヤーってとこにチェックいれないと、上に置いてある文字レイヤー縁取ってくれないので、注意してください。

このままだと、印刷したとき白は見えないので。


IMG_0447


さらにもう一段下にレイヤーを追加して、ここでまたフィルター選択。
今度は黒で縁取りをすれば…。


IMG_0449

こんな風になります♪

よく見かける、ハートなんかもブラシツールに入ってるので
スタンプみたいに押すだけで挿入できます。
なんか誕生日とかも書いてる人多いですよね(*・ω・)ノ今回は真似して入れてみてます。

IMG_0450

こんな風に、よく使用するであろうハート・星・クラウン・なんかはありますよ。

IMG_0454

アイビスだけでもこのくらいなら装飾可能です。
あとよく見かけるウサギの耳とかですが…こちらは【キンブレ 素材】とかで検索すれは山ほど出てくるので、それを保存して。挿入するだけです。
キャラ的にはどうかと思いますが…ウサギ耳つけてみました。なんか違う…

これで一応画像は出来上がりです!!
スマホ内に保存して、これをpcへ送ってください。

印刷

pcに画像をおくったら印刷するように調節します。私は画像調節にはペイントが一番簡単かと思うので。こちらを使いたいと思います。(ペイントは大体のpcに入ってるとも思うので)1
こんな感じで開きましょう。
そしたら、印刷のページ設定
3
A4のシートの場合横に3つでもいいとは思うのですが、なるべく沢山作るために私はこう置きます。これなら4個いけます。
今回は1個を印刷しているのですが、4パターン作ってしまって並べて印刷した方が効率的です。
調整は30%にしてありますが、左上の画像を目安にして自由に調節してみて下さい。
IMG_0456

必ずシートに印刷する前に、普通の紙で試し刷りして下さいね。
印刷したらこんな感じでした。
これを一回切って、キンブレに実際に入れてみると確実かと思います。

おkなら、本物に印刷!


紙設定はシートの説明の指示に従って下さい♪




完成

IMG_0458

印刷できたら切り取って完成~
IMG_0457


よく見かけるやつになったかと思います(・◇・)ゞ
100均のやつでうまくいけば8個作れるので…
1シート12円位で出来ますね!!
でもでもこれデザインとか調節とか印刷とか…
やはりそれなりに手間はかかるんで、フリマとかで売ってる方300円高いよーとか思わずにいてあげてくださいね。



何度も言うようですが、規則は守って楽しみましょうね。このシートに公式のものを印刷したりして売るのは完全アウトだと思います。ロゴマークとかも。はたして名前を印刷するだけなら販売してもいいのかもグレーなのかもしれませんが…。

ハンドメイドの物なんかは、個人で楽しむ位がいいのかもしれませんね。

このページのトップヘ